• 会社概要

    株式会社Toreviam (Toreviam, Inc.)
    代表取締役 相亰 俊信
    資本金:6,000,000円(2020年5月変更申請中)
    住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目33番6号co-ba ebisu内

    相亰 俊信 (Toshinobu Aikyo)

    代表取締役 / 創業者

     

    会計士としてBig4会計事務所で約13年間のグローバル監査業務に携わる。上場企業だけでなく非上場企業やスタートアップ企業の経営陣から経営課題・戦略などを直接聴く機会に恵まれたことから、経営の本質に対する知見も深めることができた。

    シリコンバレー駐在時には、社会課題に立ち向かうスタートアップ企業がひしめく環境でたくさんの刺激を受け、この頃から課題解決を通じて社会貢献したいという気持ちが強くなる。

    創業までの道のり

    全ては一杯のワインから

    どこまでの広く澄み渡った青空のカリフォルニア、シリコンバレーで出会った一杯のワイン。全てはそこから始まりました。ワインの違いなんて素人にはわからないと思っていた創業者は、シリコンバレー駐在時に何気なく飲んだ一杯のカリフォルニアワインに完全に魅せられました。そして、ナパ・バレーを訪問してOpus One(オーパス・ワン)出会った時に走った衝撃は、今でも鮮明に記憶しています。

     

    それ以降、ワインを飲む機会が増えたのですが、ワインを通じてでなければ交流できなかったであろう素晴らしい方々とも知り合える機会が多くなりました。ワインには飲み物以上の「価値」がある。そう思い始めたのもこの頃です。

    1ヶ月の本場フランスワイン留学(?)

    漫画「神の雫」で紹介されているのを見て、いつか絶対に参加したい!と思っていた、給水所がワイン(?)というボルドーのメドックマラソン。

     

    会計事務所を退職後、2019年に念願の参加・完走!前後1ヶ月弱でシャブリ・ブルゴーニュ・ローヌ・プロヴァンス・ラングドック・ボルドーとワインの聖地巡りを決行(シャンパーニュも行くべきだったと後悔しています)。

     

    ワインがいかに馴染み深いものになっているかを感じながら、ワイン聖地を目の当たりにしただけでなく、ここでもワインを通じて素晴らしい方々と出会えたことにより、改めてワインというものの「価値」を確信する。

    世界中を魅了して止まないファインワイン

    ワインの中でも長期熟成型の高級ワインである「ファインワイン」は、その味だけでなく、希少性・芸術性、そして時と共に、味だけでなくその価値も熟成するという特性があります。特定のヴィンテージ(年)のワインは、リリースされてからは増加することはなく、減少する一方であるためです。さらに、一定のステータスとして認識されていることから、人類の長い歴史の中で、数多くの世界の著名人が「ファインワイン」を愛し、保有していたというエピソードがあります。

     

    こういった飲み物以上の「価値」は、国境・思想を超えた共通語にもなることから、ビジネスにおける潤滑油としても注目を浴びています。

    ファインワインのハードル・・・

    世界中を魅了して止まないファインワイン。注目を浴びて憧れる一方、種類が多くて味の表現も難しい、高い、保管に困る、銘柄が複雑すぎる、そもそもお酒をそんなに飲めない、といったハードルが高く「ワインを嗜むのは一部の愛好家や富裕層で、知識を習得するためには勉強が必要」という印象をお持ちではないでしょうか。

     

    多くの方にご協力いただいてインタビューを実施しましたが、「ワインの表現で、『樽の香り』と言うけど、樽の匂いなんて嗅いだことない」というエピソードも。私自身もワインビジネスでの起業を決意してから、「そんなことも知らないの?」と恥をかくことも多々あります。

     

    体質的にお酒を飲めないのですが、酒席が好きという方からは、「ワイン好きの方と一緒に食事をするときに、自分は飲めないけどワインの話をできたら良いが、飲めないので今まで触れる機会がなかった。」という声も。

    我々の思い

    ワインを身近なものに!

    飲めない人も・飲める人も、誰もがワインを心から楽しめる世界を作りたい!

     

    Toreviamは、ワインのハードルを取っ払い、気軽にワイン を楽しめる世界を目指します。ふとした時にワインの気の利いた一言を言えたり、大事な方にストーリーのあるワインを提供できたり、子供の生まれ年ワインを保有して子供の成長と共にその熟成を楽しめたら・・・。人生はより豊かになるのではないでしょうか。

     

    そんな「価値」を一人でも多くの方が楽しめる世界を一緒に作りませんか。

    すべての投稿
    ×